医師

大腸に負担をかけないように「逆流性食道炎を予防しよう」

大腸がんの進行度

ドクター

大腸がんに限ったことではありませんが、がんには進行度合いを表すstageというものが存在しています。この進行度は、大腸がんや他のがんを治療する上でも大切なポイントとなるため、精密検査などによって、現在の大腸がんや他のがんの進行度の調査を行います。大腸がんの場合、その進行度を見るのは大腸にどれだけ悪性腫瘍が入り込んでるかを調べます。大腸がんが、発生する場合大腸の内部の粘膜からがんは発生すします。次に、リンパ管に転移をしているかしてないかを確認します。リンパに転移が確認されてしまった場合、進行度を表すとstage3、その手前であればstage2と表現されます。がん細胞がリンパ管に転移が見られる場合、他の臓器への転移も考えられます。リンパや血液によって全身にがん細胞が運び込まれる可能性があるからです。そして、他の臓器にも転移が確認されてしまった場合、5年生存率が20%を切るstage5になってしまいます。大腸がんは、痛みなどの特徴がstage初期段階では全くありません。自覚症状が無いままstageが進行してしまう可能性があります。大腸がんは、進行度合いがゆっくりなため日々に自覚症状がないため、些細な変化を読み取ることが大切になります。

早期の大腸がんは、全く自覚症状がないといっても過言ではありません。気づいた時には体中に転移しているということも少くないとう話です。そこで、毎日の些細な変化を見逃さず定期的な検査が大切になってきます。大腸にできるポリープや直接がんが発生してしまう場合があるため毎年の健康診断は大切でしょう。また、お腹の変化や排便の変化にも気を付けておくことが大切です。肛門にできてしまう痔のように、排便時に血が混じってしまう時があります。また、下痢を繰り返したり、便が残ってる感じがするなど大腸がんの初期症状と言われています。お腹の張りや腹痛、しこり、貧血や嘔吐、体重が激減するなどといった症状は大腸がんに見られる症状なので思い当たる節があるい場合は医師の診断をしてもらうことが大切でしょう。身体のサインを見逃さずstageを早い段階で見つけることががん治療の一歩だと言えます。大腸に大きなストレスが加わると逆流性食道炎になってしまう可能性もあります。逆流性食道炎はその名の通り胃酸が逆流して胸焼けを起こしムカムカする症状などが特徴です。このような症状にならないようにするためにも身体のサインを早く見つけるように意識しましょう。

脊椎を固定する手術

看護師

XLIFとは、脊椎を固定する手術で腸管を傷つけるという合併症だけに気をつければ体への負担が非常に少ないと言われている治療法になります。術後は、安静にしなくてもコルセットの装着だけで日常生活に戻れる点が高い評価を得ています。

詳細へ