脊椎を固定する手術|大腸に負担をかけないように「逆流性食道炎を予防しよう」
ドクター

大腸に負担をかけないように「逆流性食道炎を予防しよう」

脊椎を固定する手術

看護師

合併症に注意する

XLIFとは、脊椎を固定する手術の一つとして注目されている治療法になります。日本では比較的最近導入された治療法であり、多くの医療機関で取り入れられています。XLIFは、ダメージを受けた椎間板を取り出して骨と骨を専用の医療器具で固定することによって脊椎を安定させる治療法です。スポーツ中の怪我や交通事故などによって骨が酷く損傷して骨と骨の間でクッションの役目をする椎間板が押し潰されることがあります。そういった時にXLIFで治療をすることで、神経を傷つけず出血も少ないので体への負担も少ないと言われています。しかし、腸管を傷つけてしまうという合併症もあるので高度な技術をもち安全性に配慮した外科を受診することが大事です。

体への負担が少ない

XLIFは、体への負担が少ない治療法として多くの人が受けています。脊椎が変形して椎間板が飛び出すと、その周辺にある神経に触れることで痛みや痺れが起きるようになります。従来の治療では、神経の周囲を少し削る作業が必要でしたがXLIFではその必要もなくその分出血も少なくなるので術後安定しやすいと言われています。椎間板の働きを助けることで、加齢によって変形しがちな脊柱も矯正されて正しい骨のバランスで良い姿勢を保つことが出来るようになります。また、体の側面のごく一部を切開するだけで手術が行えるので背中の筋を痛めるなどの後遺症のリスクも少なくなります。何より、術後絶対安静が必要な期間がなくコルセットの装着で日常生活に戻れることが高い評価を得ています。