早急に対処しよう|大腸に負担をかけないように「逆流性食道炎を予防しよう」
ドクター

大腸に負担をかけないように「逆流性食道炎を予防しよう」

早急に対処しよう

カウンセリング

食事に気をつける

潰瘍性大腸炎は、年々、増えてきている病気の一つです。若い世代に多いと言われていますが、最近は中高年にも発症する人が増えてきています。早急に対処することが大切です。と言うのも、潰瘍性大腸炎は下痢を繰り返す病気だからです。何を食べてもお腹を壊してしまうため、だんだんと食べることが億劫になってくる人も居ます。自然と痩せてくるのも、この病気の特徴です。内科や外科を受診して検査を受ければ、すぐに分かる病気でもあります。通常、手術をすることなく、内服薬で治療をしていきます。症状をより緩和させるためには、食事療法がお勧めです。当然、お腹を壊しやすそうな刺激物などは摂らないようにします。胃腸に負担のかかりにくい食事を心がけます。

調節することが大事

潰瘍性大腸炎を発症しても悲観することはありません。慢性的な病気であり、緩解しても完治することはないと言われていますが、工夫次第で症状を緩和させられるからです。薬が効いていれば、緩解の状態を維持できます。普通の人と同じように日常生活を送れるので安心です。ストレスを溜めてしまうと症状が悪化してしまうこともあります。適度に息抜きを図るようにすれば、それほど問題のない病気です。また、定期的に検査を受けることをお勧めします。潰瘍性大腸炎から大腸がんを発症する人が多いからです。定期的に検査を受けていれば、万が一のことがあってもすぐに対処できます。長く付き合っていく病気だからこそ、自身で工夫して調節することが大切です。